若返るってほんと!?ほうれい線を消す3つの方法

マッサージで老け顔とさよなら

肌が老化する事により、頬はたるみを生じてしまいます。そのたるみはほうれい線を深くする原因となるため、顔がより老けて見えるのです。この頬のたるみには、マッサージをする事が最も効果的なのです。マッサージを行う前には、肩や首を回してリンパの流れを良くしておくといいでしょう。そしてまず耳の後ろにあるくぼみの部分を親指で軽く押しながら、頭を上の方に持ち上げるようなイメージで手全体を使ってマッサージをします。この動きを2、3回行います。次に中指と薬指をほうれい線に当てて、こめかみの方に向かい斜め上に指を滑らせるように上げていきます。そして、こめかみの部分から頬へ中指と薬指を顔の輪郭に沿いながら下に滑らせていきます。最後に、こめかみから顎に中指と薬指を輪郭に沿わせながら下に滑らせていきます。これらの動きを4、5回繰り返し行います。このマッサージを1日2回ほど行う事で、頬のたるみがすっきりと改善されて、ほうれい線があまり目立たなくなります。

顔の表情筋を鍛える!

顔は、表情筋と深層筋の2つの筋肉によってなっています。表情を作る際の筋肉を表情筋と言い、その表情筋を支えている筋肉の事を深層筋と言います。深層筋は血液からの栄養を運んだり、老廃物を排除したりする働きがあるため、この部分が衰えてしまうとしっかりと表情筋を支える事が出来ない状態になってしまいます。そのためほうれい線を防ぐためには、しっかしろ深層筋を鍛えて、表情筋の衰えを内側から防ぐ必要があるのですよ。

美肌にも効果ありの3つのツボ

ストレスや紫外線や不規則な生活の習慣は、肌の乾燥や新陳代謝の低下の原因を作ってしまう事になります。そうする事により肌は老化してしまい、ハリや弾力が失われていくのです。するとほうれい線が目立つようになり、より老け顔になってしまうのですよ。そんな時には血流を整えてくれたり、新陳代謝をアップしてくれるツボを刺激する方法があります。それらのツボの一つ目は、下関と言い耳の付け根から頬骨に沿い指3本ぐらいの所にある骨のくぼみの部分です。二つ目は巨りょうと言われるツボであり、鼻の左右の頬骨の一番高い所の真下にあります。三つ目は地倉と言い、口角の外側にあるツボとなります。これらのツボを、軽く指の腹で押して刺激するようにしましょう。

しわ解消をするには体に非常に安全な成分であるヒアルロン酸を悩んでいる場所に注入すれば見た目が非常に若返るでしょう。